妊娠の中絶を決意した時は【中絶手術のいろは】

abortion

おすすめコンテンツ

薬を利用する

中絶施術にも様々な種類がありますが、その中でも薬を利用した方法もあります。その方法について詳しく紹介するので、いざという時のために基本的なことを理解しておきましょう。

詳しく読む

日本における中絶手術

早めに病院へ

妊娠が発覚した時には、パートナーと喜ぶカップルもいれば今は出産して育児をすることが困難なカップルもいます。妊娠を望まない場合は中絶手術をすることが可能ですが、日本では母体保護法という法律によって中絶手術を受けることができる時期が決められています。日本で中絶手術ができる時期は妊娠22週未満と言われており、母体保護法指定医師がいる病院でしか中絶手術を受けることはできません。中絶について細かく定められていることから、中絶をするのが遅ければ遅いほど身体に負担がかかることが分かります。もし中絶を考えているのであれば、できるだけ早い時期に病院へ足を運ぶのが良いでしょう。現在行われている中絶手術のほとんどは妊娠12週未満と言われています。

負担を減らす為に

中絶手術は難しい手術であるイメージが強いですが、妊娠の時期によってはそこまで難しいものではありません。しかしながら、完全に安全な手術といえるものでもないので、ある程度のリスクは覚悟して手術を受ける必要があります。中絶手術をした時に目に見える後遺症が残るものではありませんが、精神的ストレスに悩まされる女性も多くいます。反対に中絶手術をしたことによって、セックスに対してしっかり考えるようになり、以降の妊娠、出産では子供の育児も真剣に行うようになる人もいます。望まない妊娠で中絶手術をする前に、アフターピルなどを利用してできるだけ心身の負担を少なくしてあげることが大切です。

注意すべきポイント

中絶施術を行なうということはとても単純なことではありますが、知っておかないと後悔することもあります。そこで、どんなことが問題になるのか理解しておき、後悔ないようにしましょう。

詳しく読む

中期の中絶手術

中絶手術にも初期と中期にわけられます。中期の場合であれば、初期の中絶手術に比べて費用や時間もかかり、役所への手続きなども発生します。一人で悩む前に早めに病院へ向かうことが大切です。

詳しく読む